アルバイトの種類!短期バイトと長期バイトのメリット・デメリット

投稿日:

アルバイトの種類の分け方には様々なものがあります。今回は、働く期間によって分類しご紹介します。

働く期間別のアルバイト

短期アルバイト

短期アルバイトや単発のアルバイトと言われるものです。

短い期間で働くアルバイトで、最短ですと1日~1ヶ月等様々な期間があります。
では、一体どのようなものがあるのか?

代表的な仕事は、

  • キャンペーンのPR
  • ライブなどのイベントの案内や設営スタッフ
  • 路上でのチラシやティッシュ配り
  • 試験監督
  • スーパーの試食販売
  • 工場のライン作業

などです。

どんな働き方にもメリットやデメリットがありますが、このお仕事の場合はどうでしょうか。

短期バイトのメリット

短い期間で一気に稼ぐことができ、期間が短いので人間関係が煩わしくありません。また、好きな時に日程を組めるのでとても便利です。また、空いた時間にたくさんのアルバイトを経験することができます。

短期バイトのデメリット

気に入った時間になかなかアルバイトがないことがあります。また、毎回採用されるとは限りません。短期集中で高額のお給料がいただけるわけですから、その分肉体的にしんどいものが多いです。

長期アルバイト

短期アルバイトとは異なり、長期的に働くモノになります。

一般的には週3日からというものが多く、1日のうちの働く時間も長いものが多いです。

では、こちらはどのようなものがあるのでしょうか?

代表的な仕事は、

  • レストランや飲食店のホールスタッフ・キッチンスタッフ
  • コンビニやスーパーのレジ販売・品出し
  • 塾講師や家庭教師
  • オフィスでの事務作業

などです。

長期バイトのメリット

長期的に働くことができるため、安定した収入が見込めます。また、人脈が気づきやすく、長く働き成果を認められることでお給料が上がることがあります。1つのことに特化して働くことで、スキルや特技が身につくのも魅力です。例えば、事務員であれば事務スキル、接客業であればコミュニケーションスキル、長く勤めることでバイトリーダーなどになれれば、指導スキルが身につくこととなります。

長期バイトのデメリット

短期のアルバイトと比べ、時給が低いです。

一緒に働く同僚や先輩とうまく人間関係を気づけなかった場合、アルバイトを続けることが難しくなるかもしれません。

長く働くことを前提に契約するので、すぐにはやめられず、お給料も月の決まった日にしか入りません。

まとめ

長くコツコツと働くことが好き、このスキルを伸ばして将来に活かしたい!等明確に目標のある方は、長期アルバイトを選択するとメリットの方が大きいと思われます。

就職活動ですと、コミュニケーションスキルや長期的に働く忍耐力などをアピールできます。

また、アルバイト生活ができる間に様々な職種を経験し、どの仕事が自分に向いているのか?といったことを考えることを目的とするならば、短期アルバイトでたくさんの職種を経験することがこれからに生きてくると思われます。

こちらですと、様々なことに挑戦するチャレンジ精神や短い間で仕事を把握することができるため、適応能力を身につけることができます。

みなさんは、どちらの働き方を選択しますか?


現在の日常生活に満足していますか?

アルバイトは新たな自分を発見できる場です。

ツラいこと・大変なこともありますが、その経験こそがあなたの糧となります。

そして、一生付き合える友人や人生のパートナーにも出会えます。

あなたの明るい未来に向けて、新たな一歩を踏み出して見ませんか?

矢印↓

【2020年】おすすめのアルバイト募集サイト人気ランキング【アンケート済】

No.1
マッハバイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)

◯ 最大1万円のお祝い金(最短で翌日GET!)
◯ お祝い金は採用で全員もらえる!
◯ スマホ対応あり
× 検索エンジンで上位表示が少ない

No.2
アルバイトEX

アルバイトEX

◯ 求人サイトをまとめて検索!
◯ 最大4万円のお祝い金
× 管理画面が使いづらい
× ポップアップが少し邪魔

No.3
アルファリゾート

アルファリゾート

◯ リゾートバイト特化サイト
◯ 時給の高い案件が多い
◯ 夏休みに稼ぎたい学生に人気

-未分類

Copyright© バイヒョー! , 2020 AllRights Reserved.