お金だけじゃない!コンビニバイトのコツ&メリット・デメリット

投稿日:

学生時代のバイトは大切な社会勉強

私はコンビニでレジ業務をメインにアルバイトをしていました。
就業期間は大学4年間です。

レジでお客様と接する時間は他の接客業に比べて極めて短いですが、決まった曜日・時間帯に来店されるお客様が多く、段々と顔見知りになり、業務的な内容以外の会話も自然と交わす様になります。

これがバイトの楽しみになるか、苦痛になるかは人それぞれかと思います。

私もこのバイトをするまでは接客はどちらかと言うと苦手だと思っておりましたが、実際に経験してみるとバイトの面白みとなりました。

この経験を生かして現在は自動車販売店の営業マンとして就職し、毎日やりがいを感じながら働いております。

在籍が長くなると任される仕事の幅も広がり、責任感とやりがいが大きくなる

アルバイトを始めた当初はレジ業務が不慣れで中々余裕を持てませんでしたが、時間が経つにつれ業務を円滑にこなせる様になりました。

そこで、プラスアルファの業務を任される様になりました。

これも受け取り方は人それぞれかと思います。余計な仕事を増やされたくないと思う方もいらっしゃるはずですし、任される事に喜びを感じ責任感を持って取り組む方もいらっしゃると思います。

どちらの考え方が正しい・正しくないという優劣をつけることは出来ないです。

人より多くの業務をこなしても給料はそこまで変らないですから、出来るだけ労力をかけないという考えも賢いです。

しかしながら私は、任される喜びを感じてしまいました。
なので、それまで以上にバイトへやりがいを持ち・一生懸命働きました。

具体的に言うと、商品の発注業務を行うこととなりました。

曜日、天候、周辺で開催されるイベントなど様々な情報を加味して、店頭に並べる商品の数量や種類を決めるのです。

発注業務が店舗の業績を左右するといっても過言ではありませんので、責任感はかなり大きかったです。

しかし、自分が選んだ商品が想定通り売れた時の喜びは、今も忘れることは出来ません。

受動的ではなく、能動的な仕事がカギ

皆さんはアルバイトをされていたのはいつ頃でしょうか?

私の様に学生時代にアルバイトをしていた、若しくはこれからの学生生活の中でするという方が多くいらっしゃるかと思います。

コンビニでのバイトは客足が少なく、暇な時間帯も多く存在します。

そのような時間帯の働き方はその後の就職活動に大きく生きてくるはずです。

ここで肝心なのは指示待ち・受身に回るのではなく、自らやれる事を探し働いてみるという事です。

企業の管理職クラスがよく言うのが、「言われないと出来ない部下は要らない」というニュアンスの言葉です。

確かにいちいち多くの部下に細かに指示を出すことは優秀な管理職でも中々出来ないはずです。

全てを新人時代から一人でこなすことは無理かと思いますが、日々の業務の中で少しずつ自分ひとりでやれる事を増やして行く必要が有ります。

その予行演習を是非アルバイトの中で行ってみて下さい。

必ず、社会人になって働き出した時に生かされますし、就職活動の面接でも大きなアピールにもなります。

以上が、私が考えるコンビニ・レジバイトで得られるその後の人生に繋がるメリットです。

お金を稼ぐことももちろん大切ですが、学生時代のアルバイトではお金以外で得られるものも是非とも大切にして頂きたいと思います。


現在の日常生活に満足していますか?

アルバイトは新たな自分を発見できる場です。

ツラいこと・大変なこともありますが、その経験こそがあなたの糧となります。

そして、一生付き合える友人や人生のパートナーにも出会えます。

あなたの明るい未来に向けて、新たな一歩を踏み出して見ませんか?

矢印↓

【2020年】おすすめのアルバイト募集サイト人気ランキング【アンケート済】

No.1
マッハバイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)

◯ 最大1万円のお祝い金(最短で翌日GET!)
◯ お祝い金は採用で全員もらえる!
◯ スマホ対応あり
× 検索エンジンで上位表示が少ない

No.2
アルバイトEX

アルバイトEX

◯ 求人サイトをまとめて検索!
◯ 最大4万円のお祝い金
× 管理画面が使いづらい
× ポップアップが少し邪魔

No.3
アルファリゾート

アルファリゾート

◯ リゾートバイト特化サイト
◯ 時給の高い案件が多い
◯ 夏休みに稼ぎたい学生に人気

-未分類

Copyright© バイヒョー! , 2020 AllRights Reserved.