週に1日勤務のバイトでも有給を取得できる!?わかりやすく有給休暇の仕組みを解説!

投稿日:

バイトが有給を取得できる条件

バイトが取得できる有給休暇の日数については、労働基準法で定められています。

一定の条件を満たしていれば、バイトは有給休暇を取得できます。

バイトが有給を取得できる条件としては、6ヶ月間継続して勤務していることが必要です。

そして、なおかつ全労働日の80%以上の日を出勤することが条件となっています。
入社2年目からは、毎年1年ごとに労働日の80%以上勤務することを条件として有給休暇を取得することができます。

また、バイトの場合は、1週間あたりの労働日数が5日とはかぎりません。

週に2日や3日しか勤務しない人もいますが、その場合でも条件を満たせば有給休暇を取得することができます。

バイトが取得できる有給休暇の日数(1週間に30時間以上働いている場合)

初年度は、バイトとして入社してから6ヶ月経過すると、10日間の有給休暇が与えられます。

それから1年後には11日間の有給休暇が与えられます。

そして、入社してから、

  • 2年6ヶ月経過すると12日間
  • 3年6ヶ月経過すると14日間
  • 4年6か月間経過すると16日間
  • 5年6ヶ月経過すると18日間
  • 6年6ヶ月経過すると20日間

の有給休暇が与えられます。

1年間に与えられる有給休暇の日数は上限が20日間ですので、入社して6年6ヶ月以降は毎年20日間となります。

バイトが取得できる有給休暇の日数(1週間の労働時間が30時間未満の場合)

1週間に働いている日数によって、取得できる有給休暇の日数が異なってきます。

1週間に1日だけ働いており、1年間の所定労働日数が48日以上72日以下の場合は、バイトとして入社してから6ヶ月が経過すると、有給休暇が1日与えられます。

また、1週間に2日働いており、1年間の所定労働日数が73日以上120日以下の場合は、バイトとして入社してから6ヶ月が経過すると、有給休暇が3日与えられます。

さらには、1週間に3日働いており、1年間の所定労働日数が121日以上168日以下の場合は、バイトとして入社してから6ヶ月が経過すると、有給休暇が5日与えられます。

そして、1週間に4日働いており、1年間の所定労働日数が169日以上216日以下の場合は、バイトとして入社してから6ヶ月が経過すると、有給休暇が7日与えられます。

最後に、1週間に5日働いており、1年間の所定労働日数が217日以上の場合は、バイトとして入社してから6ヶ月が経過すると、有給休暇が10日与えられます。

1週間につき勤務日数がそれぞれ異なっても、毎年有給休暇は会社から与えられます。

参考までに述べてみると、入社してから6年6ヶ月経過する時点で、1週間に1日勤務しているバイトには有給休暇が3日与えられます。

そして週に2日勤務の場合は最大7日、週に3日勤務の場合は最大11日、週に4日勤務の場合は最大15日、週に5日勤務の場合は最大20日の有給休暇を取得できます。


現在の日常生活に満足していますか?

アルバイトは新たな自分を発見できる場です。

ツラいこと・大変なこともありますが、その経験こそがあなたの糧となります。

そして、一生付き合える友人や人生のパートナーにも出会えます。

あなたの明るい未来に向けて、新たな一歩を踏み出して見ませんか?

矢印↓

【2019年】おすすめのアルバイト募集サイト人気ランキング【アンケート済】

No.1
マッハバイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)

◯ 最大1万円のお祝い金(最短で翌日GET!)
◯ お祝い金は採用で全員もらえる!
◯ スマホ対応あり
× 検索エンジンで上位表示が少ない

No.2
アルバイトEX

アルバイトEX

◯ 求人サイトをまとめて検索!
◯ 最大4万円のお祝い金
× 管理画面が使いづらい
× ポップアップが少し邪魔

No.3
アルファリゾート

アルファリゾート

◯ リゾートバイト特化サイト
◯ 時給の高い案件が多い
◯ 夏休みに稼ぎたい学生に人気

-未分類

Copyright© バイヒョー! , 2019 AllRights Reserved.