CoCo壱番屋のバイト・パート評判!

お客様のオーダーによって1辛、2辛とご希望の辛さが異なりますので、一皿ずつスパイスを入れて加熱してスパイスを馴染ませる作業をしなくてはならないのですが、慣れるまではこれが非常に大変でした。

一度に10皿ぶんぐらいのオーダーが来て、それぞれ辛さが異なるとわりとパニックになります。

カレーのまかないがありました。

店舗によって異なるらしいのですが、私の勤めていたところは通常のルーの量ならば無料でいただくことができました。

トッピングをする場合だけは、お客様と同じ金額を払って食べる仕組みになっていました。

そう話してくれたのは、東京都のCoCo壱番屋で1年2ヶ月間働いた経験をお持ちのyamatakさんです。

彼はサークルの友人の紹介でCoCo壱番屋のバイト・パート募集に応募し、週に3日ほど働いていたそうです。

今回は、そんなyamatakさんにCoCo壱番屋の仕事内容や待遇、面接・シフトから職場の人間関係まで、現場の生の声を聞かせていただきました。

CoCo壱番屋でバイト・パートを考えている方は、是非参考にしてみてください!

※バイトが決まると全員お祝い金(最大1万円)がもらえるサイト↓

カレーのスパイス

仕事の概要

職種と仕事内容を教えてください

キッチンでの料理、および食器の洗浄作業です。

CoCo壱番屋はメインのカレーはもちろんのこと、ほとんどの食材がセントラルキッチンと呼ばれるところで予め調理されてから各店舗に運ばれてきます。

店舗でやることはお客様に合わせて辛さの調整をするためにカレーにスパイスを投入し、冷凍の状態で納入されてきたロースカツやメンチカツ等の揚げ物を油で揚げるなど、やることは限られています。

キツいところ、大変なところは?

職場がビジネス街(東京の神田)にあったので、平日の昼12時から13時は非常に忙しかったです。

お客様のオーダーによって1辛、2辛とご希望の辛さが異なりますので、一皿ずつスパイスを入れて加熱してスパイスを馴染ませる作業をしなくてはならないのですが、慣れるまではこれが非常に大変でした。

一度に10皿ぶんぐらいのオーダーが来て、それぞれ辛さが異なるとわりとパニックになります。

さらに、具のトッピングも無数の組み合わせがありますから、盛り付け方が案外大変なのです。

画一的に見えるCoCo壱番屋のカレーですが、辛さ・ご飯の量・トッピングを自由にオーダーできるシステムに応えるのは、慣れるまで結構辛いものがありました。

逆に、良いところ・おいしいところはありますか?

社員さんや地域担当のマネージャーの方が、アルバイトにとてもよく接してくれました。

「働く環境に問題は無いか?」
「パワハラなどは無いか?」
などを定期的に聞いてきてくれ、きちんとした企業だったんだなと今になっては思います。

他にもチェーンの居酒屋などでアルバイトした経験がありますが、社員さんはむしろアルバイトの敵という感じでけんもほろろに扱われる事が多かったです。

お客様も居酒屋などと違い、絡んでくるような方は一切いらっしゃらなかったです。

要するに、客層が良いですね。

あとは東京・神田というオフィス街ならではなのでしょうが、土日は本当に暇でした。

街全体がゴーストタウンとまでは言いませんが、人が全然歩いていませんからお店も暇でした。

面接・履歴書の志望動機に関して

働きはじめたきっかけは何ですか?

大学2年生の時にCoCo壱番屋でアルバイトを始めました。

1年生の時は居酒屋で働いていたのですが、社員さんや酔っ払ったお客さんへの対応に疲れてしまい、CoCo壱番屋で働いているサークルの友人に雰囲気がいいと聞いて面接を受けました。

履歴書にはどんな志望動機を書いたか教えて下さい

アルバイトですから志望動機はあって無いようなものですが、前職で飲食店のキッチンを担当していたのですぐに戦力になれそうだとアピールしました。

面接ではどんな質問をされましたか?

「どのくらいシフトに入れるか?」
ほぼ、その一点に集中していたのを覚えています。

人手不足で急募に近い感じだったらしいです。

あとは身だしなみですね。

髭を生やしたり茶髪にする予定は無いのか聞かれましたが、私自身大学生なりにきちんとした身なりを心がけていたのでその辺は問題がありませんでした。

面接の流れ、雰囲気を教えてください

学校帰りに普通の私服で行きました。

チノパンにTシャツだったと記憶しています。

店舗に入ってスタッフさんに面接に来た旨を伝えると裏口から入ってくれと言われ、事務所のような所に通され面接が始まりました。

店長さんに履歴書を渡して大学名を見て「この大学の人だったら安心だね」と真っ先に言われたのを覚えています。

職場にも何人か同じ大学の人がいたので、余計に信頼されたのでしょうか。

バイトに関して、注意点や大丈夫か確認されたことはありましたか?

身だしなみだけは気をつけて欲しい、絶対に髭と茶髪、ピアス等は禁止だと何度も念を押されました。

そして、平日昼間の忙しい時に必ず1週間に1日は入ってくれないと採用することはできないと伝えられました。

採用の連絡は、いつ、どんな形でありましたか?

その場ですぐ採用が決まりました。

CoCo壱番屋のバイト求人を探す

時給・待遇に関して

時給はいくらでしたか?高い?安い?

1,000円でした。
東京であれば、ほぼ相場並だと思います。

昇給やボーナス(賞与・寸志)はありましたか?

全くありませんでした。

交通費は出ましたか?

大学から自転車や徒歩で通える範囲だったので、交通費は頂いていませんでした。

有給はありましたか?

アルバイトですので、ありませんでした。

まかない・食事補助・社員割引などはありましたか?

カレー屋ですからカレーのまかないが出ました。

店舗によって異なるらしいのですが、私の勤めていたところは通常のルーの量ならば無料でいただくことができました。

トッピングをする場合だけは、お客様と同じ金額を払って食べる仕組みになっていました。

シフト・仕事時間に関して

シフトはどんなシステムですか?

2週間前に希望シフトを提出して、1週間前に仮のシフトが発表されて、そこから埋まっていない時間帯に入って欲しいと店長さんが交渉してくるという流れでした。

アルバイトに大学生が多かったので、なかなか平日昼間が埋まらず店長さんも苦心されていたように記憶しています。

ただ、週に1度でいいから平日昼間に入るという決まりだけ守っていればシフトはかなり自由が効きました。

週1とか週2しか働いてない人はいましたか?

週1回平日ランチの時しか来ない人もいましたが、基本的には3〜4日働く人ばかりでした。

1回の勤務は何時間くらいですか?

休憩を入れて6時間程度が一般的な拘束時間でした。

10時から16時までと、15時から21時までが基本のシフトで、その間に1時間ほど休憩時間がありました。

残業・サービス残業はありましたか?

全くありませんでした。

他のバイトと掛け持ちは可能ですか?している人はいた?

大学生は掛け持ちしている人ばかりでした。
私自身、家庭教師を掛け持ちしていました。

CoCo壱番屋のバイト求人を探す

服装や身だしなみ(髪型・髪色)に関して

髪型・髪色に制限はありますか?茶髪・金髪はOK?

茶髪・髭は一切禁止でした。
ここは厳しかったですね。

女性はほんの少しぐらいなら茶色な髪の毛でも許されはいましたが、男性は真っ黒の人ばかりでした。

ネイルやアクセサリー(ピアス・指輪)はしても構わない?

勤務時に一切のアクセサリー・ピアスは禁止でした。
ヒゲも禁止でした。

仕事中の服装はどんな格好?自分で用意するものはある?

制服が支給されるので、更衣室で着替えるだけです。
自分で用意するものはありません。

職場の雰囲気や働いている人について

男女比はどれくらいですか?

男性:女性 = 7:3くらいです。

フリーターや大学生が多いですか?主婦や高校生でも働ける?

大学生が9割でしたね。

場所柄なのか近隣の大学の人が圧倒的に多くて、フリーターの方や主婦の方はほとんどいませんでした。

人の入れ替わりは激しいですか?すぐ辞める人は多い?

学生が就職で辞めていくことはありましたが、長く働いている人が多かったです。

職場の環境が良かったからだろうと思います。

多くの人が気にしてる質問

バイトが初めてという人でも大丈夫ですか?

全く問題ありません。

あくまで調理補助ですから、最低限の動き方さえ覚えてしまえば何とかなると思います。

コミュニケーション能力よりもいかに「気が利くか」が大事でしょう。

自分がやった失敗・初心者がやりがちな失敗を教えてください

わからないことがあっても他の先輩方に質問せず、独断で作業してしまうことです。

例えば、トッピングのカツも見た目が似ていてベテランでも間違うときがあるのですが、初心者が独断で判断して間違って提供してしまうことがたまにありましたね。

ちょっとでもわからないこと、不明点があったら誰かに確認しながら作業するというのはどういう職種でも基本だと思います。

私の職場はどれだけ忙しくても先輩のバイトさんや社員さんがきちんと対応してくれるので、気兼ねなく疑問点を聞くことができました。

どんな人に向いていますか?

気が利く人です。

周囲の状況に合わせてテキパキと判断できるタイプの人ならば忙しいランチ時でも戦力になれます。

逆にまずいのは指示を待つようなタイプでしょうか。

工夫しながら同僚バイトが作業しやすいように協調して動かなければいけないので、言われたことしかしない、できない人には飲食店のランチ時間帯のような忙しいところはあまり向かないかもしれません。

最後に、同じアルバイトを考えている人へひとことお願いします

飲食店は一度経験しておいた方がいいアルバイトだと感じます。

淡々とした作業の中でも個々人が工夫すれば作業効率が上がり、職場全体にゆとりがもてるようになり、そうすると段々と雰囲気も良くなってきます。

そういったところにやりがいを感じられるアルバイトではないでしょうか。

CoCo壱番屋は忙しい時は忙しいですがランチが終わればゆっくりもできますし、メリハリがあって飲食店の中ではそこまで厳しくない環境です。

居酒屋等ですと7時から11時までトイレに行く暇も無いなんてよくありましたから。

また、同年代が多いので友人関係も広がりやすいです。

居酒屋で働いていた時はちょっと人間的に合わない人が多く辛かったですが、CoCo壱番屋のバイトの方は常識のあるいい人ばかりで気が合いましたね。

総合的に見てもCoCo壱番屋はお勧めできるアルバイトだと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

総合評価

アイコン

大満足!絶対にやるべき!

評価: 5
/ 19歳 / 男性 / 大学生

人間関係が本当に円滑で働きやすかったです。

みなさん真面目だし、会社全体がきちんとしているので気持ちよく毎日出勤することができましたね。

なるほど、貴重なお話をありがとうございました!

いえいえ、こちらこそありがとうございました。

※バイトが決まるとお祝い金(最大1万円)がもらえるサイト↓


現在の日常生活に満足していますか?

アルバイトは新たな自分を発見できる場です。

ツラいこと・大変なこともありますが、その経験こそがあなたの糧となります。

そして、一生付き合える友人や人生のパートナーにも出会えます。

あなたの明るい未来に向けて、新たな一歩を踏み出して見ませんか?

矢印↓

【2019年】おすすめのアルバイト募集サイト人気ランキング【アンケート済】

No.1
マッハバイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)

◯ 最大1万円のお祝い金(最短で翌日GET!)
◯ お祝い金は採用で全員もらえる!
◯ スマホ対応あり
× 検索エンジンで上位表示が少ない

No.2
アルバイトEX

アルバイトEX

◯ 求人サイトをまとめて検索!
◯ 最大4万円のお祝い金
× 管理画面が使いづらい
× ポップアップが少し邪魔

No.3
アルファリゾート

アルファリゾート

◯ リゾートバイト特化サイト
◯ 時給の高い案件が多い
◯ 夏休みに稼ぎたい学生に人気

Copyright© バイヒョー! , 2019 AllRights Reserved.